電気を「使う」「創る」「蓄える」。新しい未来の暮らし

電力自由化による「選べるエネルギー革命」、燃料自動車からEV自動車へのシフト。
これから訪れるミライは大きく変わろうとしています。

今後10年、20年後の豊かな暮らしの実現に向けて、従来の家づくりの考え方だけではではない
時代に合わせた「新しい基準」で考えられたのがTreasure-Smart2020 MIRAIGO です。

電気は買う時代から、創って、貯めて、使う時代へ

電気エネルギーを「使う」「創る」「蓄える」。
この3つの視点でTreasure-Smart2020 MIRAIGO がZEH以上のスマートな暮らしを実現します。

Smart2020の屋根は発電所

どれだけ優れた性能の太陽光発電システムや蓄電池、パワーコンディショナでも、太陽光が少なければその効果を発揮することは難しいです。

その点、三重県は日照時間が長く、太陽光発電に最適な地域です。

蓄電池で自給率100%を目指す

Treasure-Smart2020 MIRAIGO は、太陽光発電と蓄電システムよりエネルギー自給率100%目指す住宅です。

自宅で発電した電気で、日中と夜の電気の暮らしをまかない、余った電気は売電、EV車への充電、エコキュートでお湯を沸かすこともできます。

自宅がEVステーション

ガソリンからEVへシフトする時代に合わせ、EVコンセントを標準採用。

また、電力消費量の高いエコキュートも日中の太陽光発電の電気で沸かすことができる次世代スマート住宅です。

toreasure-smart2020